接触性皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)炎の検査法は、一般的に皮膚の症状を見て判断しますので、特定の検査は行いないでしょう。ただ、アレルギー性接触皮膚炎の場合は原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)物質を特定しなければならない為、症状や部位からの判断と共に、パッチテストやプリックテストで確認を行います。パッチテスト(時には、化粧品を変えること自体が肌トラブルの原因になることもあるそうです)の場合は、皮膚に物質を貼付してから48時間後の皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)の状況をみますが、金属アレルギーの場合は1週間が経過してやっと反応が出る事もあるので、確認に時間が掛かる場合もあるでしょう。最初は原因物質と接触した部分のみに症状が出ますが、そのまま接触を続けていると次第に症状が広範囲へと広がっていく可能性があります。早めの原因物質の特定が重要となりますので、皮膚に異常を感じたら早急に検査してもらうようにして下さい。治療方法は、炎症や痒みがある場合、外用薬(内服薬と注射以外の薬のことをいいます)ではステロイドを、内服薬(薬によっては胃腸に負担をかけてしまう恐れもあるため、胃腸薬を一緒に処方されることも少なくありません)では抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬を使用する事が一般的なのです。症状が重症の場合は、ステロイドを内服したり注射したりするなんかも必要に応じて行われます。アレルギー性接触皮膚炎の場合の一番の治療法は、とにかく原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)物質に触れない事です。原因物質が特定されたら、徹底的に生活から排除するようにしましょう。近年、アレルギーに配慮して様々な代替製品も揃っています。思いがけない物質がアレルギー性接触皮膚炎の原因となっていて、そのままだと重症化する危険性もありますので、早めに皮膚科を受診するよう心がけましょうー